2チェキ@芸スポ速報+

2ちゃんねる・芸スポ速報+のまとめブログ

    2015年04月

    1: れいおφ ★@\(^o^)/2015/04/04(土) 16:59:26.99 ID:???*.net

    浦和 1 - 0 松本 埼玉スタジアム(37,154人)
     後半40分(浦和)森脇良太

    川崎F 4 - 1 新潟 等々力陸上競技場(17,643人)
     前半22分(川崎F)杉本健勇
     後半13分(川崎F)レナト
     後半26分(川崎F)大久保嘉人
     後半38分(新潟)ラファエル・シルバ
     後半42分(川崎F)大久保嘉人

    [16:00]FC東京-甲府
    [18:30]広島-神戸
    [19:00]柏-横浜M

    Yahoo! J1試合速報:http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j1/4/1st
    J.league.jp J1順位表:http://www.jleague.jp/standings/j1

    続きを読む>>

    1: BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/2015/04/04(土) 15:52:53.67 ID:???*.net

    声帯がん治療のため療養していた音楽プロデューサー・つんく♂(46)が4日、
    母校・近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式にサプライズ登場し、声帯の摘出
    手術を受け、声を失ったことを告白。同日ブログも更新し改めて報告したこと
    を受け、コメント欄には、ファンのみならず、現在、病を抱える人たちからな
    どからも、続々と励ましやエールの声が寄せられている。

     入学式を終えブログを更新したつんく♂は改めて「昨年秋の癌治療の際、念
    の為という事も含めて、患部を治療するのに声帯全てを摘出することとなりま
    したので、話す事が出来ません」と報告。「昨年10月半ばに手術し、10月末に
    は退院し、退院後、体調と相談しながらも仕事も始め、年末年始は仕事をし出

    続きを読む>>

    1: オムコシ ★@\(^o^)/2015/04/04(土) 12:47:55.51 ID:???*.net

     先日、本サイトに掲載した記事「ランドセルに死ね…セカオワSaoriがいじめ体験を告白。
    Fukaseが救ってくれた」(http://lite-ra.com/2015/03/post-975.html)には、大きな反響が寄せられた。
    人気バンド・SEKAI NO OWARIのインタビュー集『SEKAI NO OWARI 世界の終わり』(ロッキング・オン)で、
    ピアノ担当のSaoriがいじめられていた過去を振り返り、そんなときにボーカルのFukaseに励まされてきた……そんなセカオワ誕生のバックストーリーをお伝えしたものだ。

     だが、このなかで引っかかったのは、FukaseがSaoriに語ったという言葉だ。

    続きを読む>>

    1: シャチ ★@\(^o^)/2015/04/04(土) 13:02:24.61 ID:???*.net

    NEWS ポストセブン 4月4日(土)7時6分配信 ※SAPIO2015年5月号
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150404-00000001-pseven-soci
    「I am not ABE」のフリップを番組中に登場させた元経産官僚・古賀茂明氏の「報道ステーション」(テレビ朝日系)降板に象徴されるように、
    テレビから安倍政権批判が消えたと言われるが、では現在の状況は政権支持派にとってプラスになっているのか。
    答えは否だと、フジテレビの番組審議委員を務めるなど、テレビ報道のあり方に詳しい麗澤大学教授の八木秀次氏は言う。
    いまのテレビが孕むより深刻な問題を八木氏が分析する。

    続きを読む>>

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/2015/04/04(土) 12:56:55.67 ID:???*.net

    ■アルバム作り、生きる証しに

    写真=「メロディーやビートが物語を導いてくれる」と語る桑田佳祐=飯島啓太撮影

     人気バンド、サザンオールスターズが10年ぶりとなる新アルバム「葡萄(ぶどう)」を発表した。

     ピュアなラブソングから時事問題までを歌い、多様な感情の詰まった、これぞサザン、といえる作品だ。バンドとして5年間の活動休止、
    リーダーの桑田佳祐の闘病、そして東日本大震災など様々なことがあったこの10年。アルバムに込めた思いを桑田に聞いた。

    ■虚実ない交ぜ、作品に奥行き

     1978年にシングル「勝手にシンドバッド」で鮮烈なデビューを飾ってから37年。桑田も59歳となった。「アルバムを作るということの
    意味が、僕らの中でだんだんと変わってきた。大げさですけど、生きる証しのようなものを作るべくやっているところがあって、時間が

    続きを読む>>

    このページのトップヘ