2チェキ@芸スポ速報+

2ちゃんねる・芸スポ速報+のまとめブログ

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/2015/04/03(金) 19:17:49.49 ID:???*.net

    上重アナ、番組でかみながら反省の弁 「スッキリ!!」冒頭で

    デイリースポーツ 4月3日(金)10時19分配信

     有力スポンサーからの利益供与を週刊誌報道された日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」の新MCを
    務める上重聡アナウンサー(34)が3日、同番組のオープニングで、一部かみながら反省の弁を述べた。

     既に報道のあった前日にはいっさいこの件に触れなかった上重アナが、この日はいきなり時間を与えられた。

     番組冒頭、一緒にMCを務める加藤浩次の隣りの定位置ではなく、7人の出演者から約2メートル左側に
    離れた位置に立ち、一同が「おはようございます」と声を揃えて頭を下げたあと、その上重アナにカメラが振られた。

     上重アナは約30秒間、以下のコメントを述べた。

    続きを読む >>

    1: シャチ ★@\(^o^)/2015/04/03(金) 18:01:01.29 ID:???*.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000057-dal-ent
    お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(45)と蛍原徹(47)が3日、都内で行われた「アンファー新商品発表会」に登場した。

     この日は11代目新スカルプDと、アンファーとパナソニックが共同開発した頭皮エステ機「スカルプ Dメカノバイオ」の発売が発表された。

     「スカルプDに出会って人生が変わった」と頭髪の復活を喜ぶ宮迫は
    「夜中の2時に電話で『結婚したいんで、どうしたらいいんですか』と言ってきた」と
    ナインティナインの岡村隆史(44)から薄毛の相談があったことを告白、シャンプーを紹介したという。

    続きを読む >>

    1: Tangled ★@\(^o^)/2015/04/03(金) 16:29:53.46 ID:???*.net

    NHK・Eテレが1日午後1時20分から中継した選抜高校野球決勝「東海大四対敦賀気比」の札幌地区の平均視聴率が
    18・9%だったことが、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高視聴率は同3時11分の25・8%。
    同点で迎えた八回表、東海大四が無死二、三塁の攻撃中で大沢志意也選手がスクイズを試みた場面だった。

    関東地区の平均視聴率は7・3%、関西地区は5・7%だった。

    また、正午から中継したHBCは、札幌地区の視聴率が平均10・5%、瞬間最高視聴率は午後1時23分、試合開始を待つ場面の16・2%だった。
    昨年、NHKが決勝戦を中継した際の札幌地区の視聴率は7・3%(午後1時台)などだった。

    北海道新聞 04/03 07:00

    続きを読む >>

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/2015/04/03(金) 16:19:34.68 ID:???*.net

    上重アナ利益供与報道の裏でABCマートとの「コラボ商品開発計画」を隠蔽
    4月3日(金)13時48分配信

    日本テレビ・上重聡アナウンサー(34)が3日、「スッキリ!!」冒頭で謝罪した一方で
    “隠蔽工作”が発覚した。

    それは同番組とABCマートの「コラボ商品開発計画」に関して。
    同アナが今週から番組の担当を務める以前の昨年、スニーカーの開発プロジェクトが進められていたのだ。

    上重アナは番組の有力スポンサー「ABCマート」から利益供与を受けたと週刊誌で報じられた件について、
    番組の冒頭で「プライベートな交友関係において、個人的なご厚意に甘えたことによりまして、
    多くの方に疑念を抱かれるような、そういった結果になってしまいました」と謝罪した。

    続きを読む >>

    1: サーカス ★@\(^o^)/2015/04/03(金) 13:15:52.40 ID:???*.net

    やはり、女子フィギュアスケートの浅田真央(24)は引退を決意した。
    中京大学卒業を機にプロスケーターとして活動する傍ら、タレント業に本腰を入れていく--。
     
    「今回、真央ちゃんが芸能活動を選択したことで噂されていた'18年の平昌五輪(韓国)に出場する話は残念ながら立ち消えとなった。
    タレント転進は大学卒業ギリギリまで迷った揚げ句のジャッジだった」(フィギュア関係者)

    水面下の引退情報を受け、どのテレビ局よりも一足早く接触し、信頼関係を築いてきたのが日本テレビ。
    他局が具体的な番組名を伏せたまま“スポーツキャスター”や“スポーツレポーター”としてオファーを繰り返す中、
    日テレのみが違った提案を真央にぶつけていたのだ。

    続きを読む >>

    このページのトップヘ